資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

不動産業界や建設業界に就職、転職を考えている方には必須の資格である、宅地建物取引主任者(宅建)について説明しています

宅建の詳細について

正式名称は宅地建物取引主任者、通称宅建は国家資格で土地や建物の売買や賃貸借の取引を行うのが仕事です。土地の形質や建物の構造や種別、土地や建物に関する価格の評価や法令などの知識を検定する資格試験です。

不動産業者では、なくてはならない資格となっています。そういった事務所の5人に1人の宅建の有資格者を置くと法律で決められています。また、金融業界や流通業界など活躍する場所は限られません。土地や建物は生活や企業の基盤となります。その取引業務を行うエキスパートが宅建です。

小売業や外食産業などの店舗を開業したいという方のお手伝いをします。また顧客の資産を視野に入れた生命保険業界の営業、土地を担保として取り扱っている銀行などでも、宅建の資格を持っていると有利です。宅建の資格試験は毎年1回全国的に実施されます。

性別、年齢に関係なく誰でも受験できます。試験はマークシート方式で行います。試験内容は、権利関係、宅建業法、法令上の制限、その他の法令で合格率は約15パーセントとなっていて難しい試験と言えます。法律の基礎を学びますから、不動産業界で仕事をしている方や就職、転職予定の方以外にも、司法試験を受ける前の足掛かりとして受験する人もいます。また、住宅の購入を考えている人が受験するきっかけにもなっているようです。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.