資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

福祉サービスの向上のため、高齢者や障害者、家族への相談、アドバイスをおこなうのが社会福祉士の仕事です

社会福祉士の詳細について

社会福祉士は高齢者や障害者、家族の相談を受けてアドバイス、助言、指導を行う仕事で、厚生労働大臣認定の国家資格です。高齢社会が進み、福祉サービス向上のため、施設や在宅支援などの強化を目的として作られました。

社会福祉士の受験資格は大学で指定科目を履修した人、社会福祉養成施設を卒業した人、福祉事務所の査察指導員等で5年以上の実務経験のある人などです。

年に1回1月に全国の主要都市で実施されます。筆記試験内容は、社会福祉言論、老人福祉論、社会保障論、児童福祉論、障害者福祉論、心理学、社会学、医学一般、法学、介護概論などの13科目です。

幅広い知識が求められます。合格率は約30パーセントです。社会福祉士は在宅サービスや社会福祉全般の需要が増えていることからも取得することが望まれている資格です。家族の抱える問題に対する助言や指導、また相談にも乗ります。

自立支援や人権擁護の観点から業務を遂行していく必要がある、重要な専門職です。活躍する場所も、医療機関、社会福祉施設、また在宅サービスにおいても必要とされる存在となっています。

社会福祉士は福祉に密接な資格です。これからのニーズもますます高まってきます。福祉関係の仕事に就きたいと考えている人は、実務経験を積みながら資格取得を考えたほうがいいでしょう。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.