資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

行政書士は様々な書類を作成することのできる法律のプロです。ここでは行政書士試験の概要と難易度、平均点、合格率について掲載しています

行政書士の詳細について

行政書士は町の法律屋さんと呼ばれる職業です。弁護士ほど敷居は高くありませんが、法律に関しては弁護士と同等の知識が求められています。行政書士が作成できる書類は約1万種類と言われ、国民と行政を書類で結ぶ職業です。

自動車の登録、建設業の許可、農地転用・開発、外国人の出入国や帰化に関する書類を作成し、行政庁の許可や認可手続きを取ります。これらを本人に代わって書類の作成をし、手続きをしてくれます。自宅でも開業、独立のできる、広い分野で活躍できる職業です。

行政書士の資格は以前に比べると難易度が高くなり、ここ数年の合格率はおよそ5パーセント前後となっています。試験内容が変わりより難しくなりました。行政書士試験は11月に1度、全国各地で行われています。試験内容は一般知識と記述式の業務法令があります。

8月から願書の受付を開始します。性別、国籍、年齢を問わず誰でも受けられます。試験に合格し、行政書士資格を取得すると、その後日本行政書士会連合会入会登録を行って業務をすることができます。開業したい場所での登録となります。

また、資格取得試験を受けずに行政書士になることも可能です。その場合、公務員行政職を17年以上というキャリアが必要です。自分で独立して開業したいという方、法律のスペシャリストになりたいという方の人気の資格です。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.