資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

介護福祉士やホームヘルパーとともに介護業界にとって重要な資格がケアマネージャーです

ケアマネージャーの詳細について

高齢化社会の現代においてホームヘルパー・介護福祉士と共に必要な職種が、ケアマネージャーです。ケアマネージャーは介護保険制度が導入されたことによって誕生しました。この仕事は非常に専門的な知識が必要となるため、資格の取得には医師・看護師・保健師・介護福祉士・社会福祉士などで、ある一定の期間以上の実務経験がある人のみに受験資格が与えられます。

試験はマークシートになっており、5択の問題が60問あります。資格が取得できた後は、特別養護老人ホームやデイサービスセンター、老人福祉施設、社会福祉協議会、行政機関、居宅介護支援事業者施設などが働き先となります。

ケアマネージャーの仕事は主に利用者のケアプランの作成です。介護サービスの利用者本人と家族のお話を聞き、希望に合ったケアプランを作ります。また、作成したケアプランをもとにサービス事業者との連絡、ケアプランの実施状況を確認します。

その他には、給付管理表を作ってサービス事業者への支払いや利用者の負担分の計算を行うことや、要介護認定の申請手続き・更新手続きを本人に代わって行ったり、訪問調査を市町村職員の委託で行ったりもします。このように仕事内容は福祉・医療・保険など幅広く知識が必要ですがとても重要な資格だといえるでしょう。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.