資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

労務や保険、年金申請書類の作成などの仕事をするのが社会保険労務士です。企業からのニーズが高いので、人気資格となっています

社会保険労務士の詳細について

社会保険労務士の仕事は労務や保険、年金の申請書類を作成し提出します。扱う法規は51種類です。業務の幅は広く、多くの企業で必要とされている国家資格です。企業の人事、労働、労務関係や年金問題で社会保険労務士の需要は高まっています。

受験者数も増加傾向にあります。 社会保険労務士の受験資格は行政書士の資格取得者、大学で必要単位数取得している、一定の専門学校等を卒業している、会社や労働組合で3年以上、労働社会保険諸法令に基づく事務をしてきた経験者などいずれかに該当していなければ受けられません。

試験内容は、雇用保険法、健康保険法、国民年金法、厚生年金保険法、労務管理その他の労働および社会保険に関する一般常識などの8つですが選択式と択一式で出題されます。8月に実施されています。全国的に会場がありますが、自分の受験しやすい場所を確認しておいた方が良いでしょう。

合格率は約10パーセントです。合格後は社会保険労務士会会員として登録することが必要です。女性の社会保険労務士も増えてきています。開業することも可能ですが、ある程度の人脈が必要になってくる職業です。責任も必要です。人脈を有効に使った方法で顧客を増やしていくことが社会保険労務士として成功するかどうかにかかっていると言えるでしょう。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.