資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

老人養護施設やシルバーセンターでの介護業務を行うための資格が国家資格である介護福祉士です

介護福祉士の詳細について

介護に関する資格は多数あります。その中で、厚生労働大臣認定の国家資格が介護福祉士です。 介護福祉士は体の不自由な人や高齢者の日常生活におけるお世話をし、介護の指導も行う介護の専門家です。介護の専門的なことはもちろん、人間相手に仕事をしますから、コミュニケーション能力も大切になってくる仕事です。

介護知識だけでなく、幅広い経験も必要です。人間が好きという方に向いている仕事かもしれません。介護福祉士の需要は大きくなっています。老人養護施設やシルバーセンターなど、今一番需要が求められている職種ではないでしょうか。

介護福祉士の資格取得のためには、国が指定した専門学校を卒業する方法と、実務経験3年以上ある人、福祉関係の単位を必要数終了している人などの受験資格が必要です。試験は1月の筆記試験と3月の実技試験がありますが、介護技術講習を修了すれば実技試験の免除が受けられる制度もできました。

合格率はおよそ40パーセントです。介護福祉士の資格は持っていると心強いものです。しかし、実際に使わないと介護の現場は分かりません。知識よりも経験が大切な介護福祉士の資格は、これからもニーズの高い資格です。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.