資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

介護施設や病院などで高齢者や身体障害者の介護、介助など日常のお世話をするのがホームヘルパーの仕事です

ホームヘルパーの詳細について

ホームヘルパーという名前を知っている人は多いですが、人手不足が深刻な問題になっています。仕事内容が体力的に大変というイメージが強く、そのことが影響しているのでしょう。

実際に仕事内容は、洗濯・掃除・ご飯の支度や買い物などの生活を支援するものと、食事・入浴・着替え・排泄など身体の介助をするものに分かれており、後者は特に体力勝負の仕事と言えます。

ホームヘルパーがお手伝いする相手は日本では高齢者が大半ですが、その他には身体障害者のお世話もします。しかし、これらは介護保険制度で高齢者を、障害者支援費制度で身障者を支援するというように分かれています。ホームヘルパーには資格が必要となり、多くの場合ホームヘルパー2級以上を取得しています。

この資格を取得するときには、試験などはありませんがホームヘルパー養成研修という国の定めたものを受けなければなりません。研修の期間は3ヶ月〜半年が目安となっているため、あまり長い時間をかけることなく資格が取得できます。

また、実務を3年以上続けると介護福祉士の資格取得ができる権利を得られます。介護福祉士になれば行える仕事の内容も増えますので、スキルアップが図れるでしょう。雇用形態は、医療機関や福祉施設の介護スタッフ、常勤、派遣、パートなど多々あり、特にパートは育児中の女性が多いようです。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.