資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

子供好きな人に人気の国家資格が保育士です。最近では、女性だけでなく男性の受験者も増加しています

保育士の詳細について

女性の多かった保育士ですが、男性の資格取得者も増加したことから、名称も保母から保育士と変わりました。子供が好きという方には最適の資格です。保育士は厚生労働大臣所管の国家資格です。 保育士の受験資格は厚生労働大臣の指定する養成学校を卒業して取得するのが一般的です。

ほかに大学で一定単位数を取得した人や、短大卒業生などです。全国各地で実施されます。試験内容は、8月に筆記試験が行われ、合格者だけが10月に実技試験を受けることができます。筆記試験はマークシートで出題され、社会福祉、小児保健、保育原理、発達心理学および精神保健、保育原理、保育実習理論など8科目です。

実技試験は音楽、言語、絵画制作のうち2つを選択します。幼稚園教諭免許を持っている人は筆記の試験が1部免除されます。保育士と幼稚園教諭は似たような仕事ですが、幼稚園の方は教諭で保育士は先生と呼ばれていても教諭ではなく、管轄も保育士は厚生労働省、幼稚園は文部科学省です。

資格試験に合格すると、都道府県知事の登録を受けて保育士となることができます。合格率は10パーセントと難関です。保育所や福祉施設での勤務のほか、ベビーシッターとして需要も高く、少子化とは言え、保育士の活躍する現場は数多くあります。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.