資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

建設や福祉、医療の現場でニーズのある資格が福祉住環境コーディネーターです

福祉住環境コーディネーターの詳細について

高齢化が進み、住宅環境も変化する状況になってきました。そこで高齢者や障害者の方が住みやすい住宅環境を提案し、自立した生活を送れるような整備を整える仕事が福祉住環境コーディネーターです。福祉用具や医療、保健面での知識と住宅環境としてバリアフリー、介護用品などの商品開発をしていくのも福祉住環境コーディネーターの仕事です。

建築現場や医療現場など幅広いジャンルで活躍することができます。福祉住環境コーディネーターの資格試験は誰でも受験することが可能です。1級から3級まであり、3級は福士と住環境の一般的知識を検定します。2級は3級のレベルに加えてさらに実務で活かせるかどうか、1級は住宅改修などのプランができるかどうか広い知識が求められます。

3級と2級はマークシート式の筆記試験で7月と11月の年2回実施され、1級はマークシートと記述式の試験で11月に実施されます。どの級も幅広い分野の知識が必要とされます。2級3級の合格率は約50パーセント、1級は約4パーセントと難関です。

ほかの資格と併用して受験する人も多いため、資格取得後はホームヘルパーや、建築士などと合わせてさらに充実した業務ができるようになります。福祉住環境コーディネーターの仕事は個人に合わせた具体的な住宅環境を作ることができるため、高い評価を得ることができます。これからさらに期待される資格です。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.