資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

不動産業界や独立開業を考えている方に人気の国家資格が不動産鑑定士です

不動産鑑定士の詳細について

土地価格の変動や、物件に関する交通条件などを考慮した鑑定をし、適正で公正な取引が行われるようにするのが不動産鑑定士です。不動産の評価と適正な土地利用という不動産の鑑定業務と、コンサルタント業務を行う国家資格です。

高度な技術が求められる責任感の必要な仕事です。不動産鑑定士の資格試験は、試験内容が変わってからは、毎年5月に短答式、8月に論文式が実施されます。短答式は全国10都市が会場になります。不動産に関する行政法規、不動産の鑑定評価に関する理論を実施します。

論文式は短答式に合格した人が受験できます。全国3都市が会場です。民法、会計学、経済学、不動産の鑑定評価に関する理論です。そして合格し、実務演習機関での演習を経て終了が認められたら不動産鑑定士の登録ができます。合格率は10パーセントで、資格を取得するまでも時間がかかります。

不動産取引や担保の評価など、景気に左右されない安定した職業ですが、不動産鑑定士で開業する場合、人脈が大切になってきます。セミナーなどで知り合った人たちとの交流や、相談に乗ってあげるなど、人とのつながりを大切にしていくことが必要です。またインターネットを使った営業活動など、積極的に動ていかないと業務を続けていくのは難しいでしょう。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.