資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報

日商簿記試験は実務に役立つ資格試験として人気があります。ここでは日商簿記試験の概要と難易度、平均点、合格率について掲載しています

日商簿記の詳細について

会社の経営に必要なのが日商簿記の知識です。ビジネスではあらゆる部署での日商簿記のニーズが高まっています。戦略的な営業の方法やコスト計算など、誰でも知っておいて損はないのが簿記の知識です。転職にも有利です。また、ビジネスだけではなく、一般的な知識として誰でも持っておいた方がいい資格でもあります。

簿記は初めてという方は3級から始めたほうが良いでしょう。資格取得までの目安は1か月から3ヶ月で、学生から0Lまで取得する人はさまざまです。ワンランク上を目指すなら2級への挑戦です。2級は工業簿記が入ってきます。量も増え、3級に比べ難易度はかなり高めです。1級ともなると税理士試験の受験資格がもらえます。

簿記の試験は年に3回実施され、合格率は各級30パーセント前後、1級に関しては10パーセント前後です。100点満点中70点以上取らないと合格はできません。どの科目も平均的に点数を取れないと日商簿記の資格取得は難しくなってきます。

簿記の資格を持っていると、あらゆる場面でその必要性が実感できるのではないでしょうか。また、簿記だけではなく、ほかの資格と併用することで、より仕事の幅が増えてきます。経理の仕事だけではなく、即戦力としてビジネスの実務に役立ちます。

資格取得ガイド コラム

Copyright 2008-2013 資格取得ガイド 人気資格一覧・試験情報 All Rights Reserved.